ホームMMPGについて > 発展のプロセス

発展のプロセス

平成28年 8月 第十一回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第十五回公開シンポジウム開催
11月 第十一回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
12月 本部を品川に移転
平成27年 8月 第十回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
10月 MMPG創設30周年記念 医療経済フォーラム・ジャパン第十四回公開シンポジウム開催
医療法人の設立と運営の実務ポイント ~基金拠出型医療法人を中心として~(再改訂版) 発刊
11月 第十回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
12月 医師・歯科医師のための相続と事業承継の実務ポイント 発刊
平成26年 4月 医療・介護・福祉の消費税(改訂版) 発刊
8月 第九回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
10月 MMPG第七回全国誠志会研究発表大会開催
医療経済フォーラム・ジャパン第十三回公開シンポジウム開催
11月 第九回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
12月 新税制対応!! 事業承継からみた医療法人の移行判断Q&A 発刊
平成25年 8月 第八回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
医療法人の設立と運営の実務ポイント ~基金拠出型法人を中心として~(改訂版) 発刊
10月 医師・歯科医師のための相続と事業承継の実務ポイント(改訂版) 発刊
医療経済フォーラム・ジャパン第十二回公開シンポジウム開催
11月 第八回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
平成24年 8月 第七回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
10月 MMPG第六回全国誠志会研究発表大会開催
医療経済フォーラム・ジャパン第十一回公開シンポジウム開催
11月 第七回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
平成23年 8月 第六回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
9月 サービス付き高齢住 らくらく開設・運営のポイント12 発刊
10月 MMPG第五回全国誠志会研究発表大会開催
医療経済フォーラム・ジャパン第十回公開シンポジウム開催
新社会福祉法人会計基準のすべて 発刊
医療・介護・福祉の消費税 発刊
11月 第六回資格認定試験(後期 必修8科目、選択3科目)開催
1月 社団法人全日本病院協会 賛助会員へ入会
平成22年 4月 MMPG第四回全国誠志会研究発表大会開催
5月 高専賃 らくらく開設・運営のポイント12 発刊
7月 医療法人の設立と運営の実務ポイント ~基金拠出型法人を中心として~ 発刊
8月 第五回資格認定試験(前期 必修7科目、選択5科目)開催
10月 医師・歯科医師のための相続と事業承継の実務ポイント 発刊
MMPG創設25周年記念 第九回公開シンポジウム開催
11月 第五回資格認定試験(後期 必修8科目、選択4科目)開催
平成21年 3月 月刊税理 2009年3月臨時増刊号 執筆
すぐできる! 診療所経営工夫アイデア120 発刊
MMPG第三回全国誠志会研究発表大会開催
4月 医療情報レポート歯科版創刊(デンタルクリニック・マネジメント・レポート)
環境プランナー養成講座(東京)開催
5月 環境プランナー養成講座(大阪)開催
8月 第四回資格認定試験(前期 必修7科目、選択4科目)開催
9月 第二回MMPGマスター(資格認定試験20科目合格者)研修開催
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第八回公開シンポジウム開催
環境プランナーER養成講座(東京、大阪)開催
11月 院長・部門管理者のための「医療経営なんでも相談室」発刊
第四回資格認定試験(後期 必修8科目、選択4科目)開催
平成20年 3月 MMPGダイレクトセミナー(医療法人制度改革)<東京・大阪・福岡>開催
MMPG第二回全国誠志会研究発表大会開催
書籍 社会医療法人・特定医療法人ガイドブック発刊
6月 第一回MMPGマスター(資格認定試験20科目合格者)研修 予防医療 前期 開催
7月 第一回MMPGマスター(資格認定試験20科目合格者)研修 予防医療 後期 開催
8月 第三回資格認定試験(前期 9科目)開催
9月 韓国Ye歯科セミナー第三弾開催
第一回MMPGマスター(資格認定試験20科目合格者)研修 在宅医療 前期 開催
第一法規『病院・医院経営管理質疑応答集 -税・会計・財務編-』執筆
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第八回公開シンポジウム開催
11月 第三回資格認定試験(後期 11科目)開催
平成19年 1月 医療情報レポート診療所版創刊(クリニック・マネジメント・レポート)
3月 MMPG第一回全国誠志会研究発表大会開催
6月 書籍 医療法人制度Q&A発刊
8月 第二回資格認定試験(前期 9科目)開催
小冊子 新しい医療法人制度と経営・運営の実務ポイント発刊
9月 医療経済フォーラム・ジャパン ダイレクトセミナー2007<名古屋>開催
10月 韓国Ye歯科セミナー第二弾開催
医療経済フォーラム・ジャパン ダイレクトセミナー2007<福岡>開催
医療経済フォーラム・ジャパン第六回公開シンポジウム開催
11月 第二回資格認定試験(後期 11科目)開催
平成18年 6月 資格認定試験開始
9月 韓国Ye歯科セミナー開催
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第五回公開シンポジウム開催
平成17年 10月 医療経済フォーラム・ジャパン第四回公開シンポジウム開催
平成16年 2月 監査法人エムエムピージー・エーマック創設
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第三回公開シンポジウム開催
平成15年 4月 本部委員会制度の復活
10月 医療経済フォーラム・ジャパン第二回公開シンポジウム開催
平成14年 12月 医療経済フォーラム・ジャパン第一回公開シンポジウム開催
平成13年 4月 病院・診療所・歯科診療所経営コンサルタント各部会発足
医療経済フォーラム・ジャパン設立
9月 医療法人設立指導効率化システムリリース
会員数1,200名
平成12年 1月 「アメリカ社会保障の光と陰」第二章「マネジドケアとは何か」をMMPG総研で執筆・出版
4月 職員向け研修機能「誠志会」中部・北陸を皮切りに復活
7月 病院経営革新工房スタート
7月 決算業務効率化ソフトリリース
10月 MMPG-NET構想発表
11月 開業指導効率化ソフトリリース
平成11年 1月 社会福祉法人向け職能資格給制度を導入し同マニュアルリリース
3月 (株)MMPG総研「介護保険で病院・患者はどうなるどう変わる」を出版
4月 病医院向け決算診断ならびに経営分析ソフトリリース
第10回医療担当者養成講座開催
6月 社会福祉法人向け経営分析ソフトリリース
平成10年 3月 上記報告書を提出
10月 「介護サービス実施法人の経営改革」全社協より出版
10月 委員会制度を廃止し、担当理事制を導入
10月 福祉事業経営コンサルタント部会発足
平成9年 2月 医療情報提供システム「MMPG-FILE」リリース
10月 株式会社シナプスを株式会社MMPG総研に改称
12月 全国社会福祉協議会介護サービス実施法人の経営改革に関する調査研究委員会委員川原邦彦が同報告書の作成を受託
平成8年 5月 医療担当者上級講座第1講開催(シリーズ)
平成6年 2月 医療担当者養成講座第1講開催(シリーズ)
4月 MMPG設立10周年記念定例研修会開催
11月 医業経営者部会発足
平成5年 6月 事務長向け経営指導マニュアルリリース
9月 事務局内に開発部門設立、マニュアル等の独自開発を開始
平成4年 5月 医療情報レポート第1号刊行
病医院経営管理ソフト「院長の四季」リリース
9月 人材活性化システムリリース
平成3年 1月 定例研修会の全会員への公開、ブロック会を地域会に改組し、自治機能の強化を図る
2月 新春全国大会で株式会社シナプスの設立を内外に公表
4月 医業経営コンサルタント資格維持のための継続研修を全国10地域で開催
7月 中国上海市人民政府の招聘により、同地を公式訪問
10月 医薬品卸部会の設立(30社加盟)
12月 患者アンケートシステムリリース
平成2年 4月 医業経営コンサルタント資格認定講座を全国8カ所で開催(各200時間)1,400名余が受講
日本医業経営コンサルタント協会の認定団体となり、川原邦彦が副会長に就任
6月 INA生命保険、大東京火災海上との業務提携開始
9月 フランス保健省を中心とする使節団受け入れ
12月 MMPGの支援会社として株式会社シナプスを払込資本金9,700万円で設立
平成元年 4月 日本医業経営コンサルタント協会の発起人団体
会員数90名、新たに賛助会員、準会員制度発足
12月 総会員数500名突破
昭和63年 2月 会員数50名超える
7月 来院患者アンケート調査ほか4ソフトを開発、公開
10月 会員職員向け基礎講座開設(2年間にわたり毎月実施)
11月 地域ブロック会、委員会制度発足、企画・運営機能を強化
昭和62年 1月 日本興業銀行と業務提携
4月 後継者勉強会を会員職員にも公開「青志会」と改称、本格的な活動を開始
日本医学会総会にコンサル団体として初出展
月刊誌「フェイズ3」「ばんぶう」への会員輪番制執筆開始
6月 MMPG経営シミュレーションシステム開発
7月 安田火災海上保険と業務提携
9月 日本医療事務センターと業務提携
昭和61年 3月 会員共著「病医院の経営と税務」出版
9月 大和証券と業務提携
12月 会員事務所後継者を対象とした勉強会発足
昭和60年 4月 会員数14名でMMPGを発足、川原邦彦が理事長就任
12月 定例研修会を年5回ペースで開催

▲このページの先頭へ戻る