ホーム > 入会について

入会について

会員制度とは

MMPGを構成するメンバーは、会員・準会員のすべての方々です。

会員は、MMPGの組織運営の中枢を司り、組織運営を合議により決定してゆく組織構成員です。本質的なコンサルタント活動の経験年数、一定の経営規模、人格識見、資格等を有し、同地域会の既会員並びに執行部会が入会を認めた場合に会員となります。MMPGへの入会後、会員は、会員とMMPG組織相互の発展・繁栄のために組織決定された諸活動に積極的に参画しなければなりません。具体的には、会員としての資質向上のための各種セミナーへの参加、コンサルティング・ツール開発等への参画及び統一ツールの装備、財政基盤強化のための生保・損保(提携企業)の取組み推進等です。会員は全国から選りすぐられた、各地において著名な先生方が入会されており、定例研修会・各地域会所長会等におきましても会員相互の情報交換・交流が盛んに行われております。本部より発信される情報はもとより、そうした会員相互の情報交換が非常に有益であるとの声を多く頂いております。

一方、準会員(情報a)制度はMMPGの有する情報やノウハウ等の公開及び研修の実施等により、あらゆる分野で活躍される方々の医業経営への関心を高め、かつコンサルテーション能力の向上を目的として、1989年(平成元年)に創設されました。医業経営者・管理者を対象とした準会員(情報b)及び、医専卸等を対象とした準会員(情報c)も設置されています。

また、提携法人会員制度は、会員を中心とし双方の融合により両会員の交流を深め、相互に業務の深化を図り、共に我が国医療・福祉界の健全発展に資することを目的に発足させた制度です。

会員になるには

▲このページの先頭へ戻る