ホーム情報提供医療情報レポート> 2016年度診療報酬改定のポイント 18年度同時改定に向けて何を読み取る?

医療情報レポート
価格:1,000円(税別、送料込)

購入申込
Vol. 117 2016年03月発行
2016年度診療報酬改定のポイント 18年度同時改定に向けて何を読み取る?

[潮流]
今次改定は地域包括ケアシステム実効化に向けての機能分化の調整・強化・連携が目的

Part1[概論]2016年度診療報酬改定のポイント
急性期病院は急性期らしく 医療機能の分化路線、より鮮明に

Prart2[各論]
1かかりつけ医・在宅医療
認知症地域包括診療科を新設 在宅は報酬体系を組み替え
2中小病院
地域包括ケア病棟で地域を支える役割が中小病院には求められる
3慢性期医療
慢性期医療に求められる機能を踏まえて18年度に向けた戦略を
4急性期医療
“2年後の前哨戦”のはずなのに…病院サバイバル時代が見えてきた

医療情報レポートINDEXへ

▲このページの先頭へ戻る