ホーム情報提供医療情報レポート> 2022年度診療報酬改定レポート~「ポストコロナ」の医療機関像を描け

医療情報レポート
価格:1,100円(本体価格1,000円+消費税10%)
※送料は本体価格に含まれております。
在庫問合せ
第132号 2022年03月発行
2022年度診療報酬改定レポート~「ポストコロナ」の医療機関像を描け

発行:メディカル・マネジメント・プランニング・グループ
制作 株式会社日本医療企画
A4判 24ページ

[潮流]
従来から掲げてきた病床機能を具現化する改定内容

Part1[概論]2022年度診療報酬改定の読み方
医療機能の分化・明確化に向けて
着々と要件見直しを推進する
太田圭洋氏(日本医療法人協会副会長、社会医療法人名古屋記念財団理事長)

Part2[急性期医療]急性期充実体制加算の意味
さまざまな加算で急性期病院像を提示
感染対策では地域の要役を求める
細谷邦夫氏(有限会社メディカル・サポート・システムズ代表取締役社長)

Part2[回復期医療]回復期の機能の再整備
地域包括ケア病棟は連携
回復期リハ病棟は重症者対応が課題
酒井麻由美氏(株式会社リンクアップラボ代表取締役)

Part2[慢性期医療]慢性期病院の「新たな役割」
漫然とした医療提供から脱却し
地域医療への積極参加が期待される
田野倉浩治氏(医療法人社団永生会永生病院事務部長)

Part2[トピックス]チーム医療の充実が進展
チーム医療や医療職の負担減への
取り組みが評価につながる
上村久子氏(メディフローラ株式会社代表取締役)

Part2[外来診療]地域での役割追求が鮮明に
かかりつけ医機能や地域連携を評価し
地域における役割の明確化を求める
藤井将志氏(特定医療法人谷田会谷田病院事務部長)

Part2[在宅診療]在宅医療の質に踏み込む
新設の外来住宅共同指導料
リフィル処方箋などに注目を
中村哲生氏(医療法人社団永生会在宅医療統括本部部長)

Part3[経営戦略]「質」求める報酬評価に応える
診療報酬の評価は「質」重視へ
地域での役割を見直す好機
小松大介氏(メディヴァ株式会社取締役)

医療情報レポートINDEXへ

▲このページの先頭へ戻る